2020秋ドラマ

逃亡者(渡辺謙ドラマ)1話ネタバレあらすじ!感想や評判も!

スポンサーリンク

2020年12月5日(土)に放送された渡辺謙さん主演のドラマ『逃亡者』。

後編は12月6日(日)に放送されますが、1話を見逃してしまった人もいるのではないでしょうか?

この記事では逃亡者(渡辺謙ドラマ)1話ネタバレあらすじ!感想や評判も!と題して、『逃亡者』第1話のネタバレをしていきます!

スポンサーリンク

逃亡者(渡辺謙ドラマ)1話ネタバレあらすじ!

第1話の冒頭は、2人の女性が自宅で何者かにナイフで刺され、殺されるところから始まる。

殺された2人の女性は渡辺謙演じる加倉井一樹の妻・陽子と、その家の家政婦。

警察が加倉井一樹のところへ話を聞きに行く。

加倉井一樹は事件の状況を警察に話し始める。

加倉井夫妻は、夫婦揃って加倉井の恩師の喜寿のパーティーに出席していた。

そのパーティーの最中、緊急の手術が必要だという連絡を受け、加倉井一樹は病院へ向かう。

手術は無事に終えたが、妻と家政婦が殺されたのはその間に起こった出来事だった。

手術を終えて病院を出たのは11時半。家に着いたのは12時を回っていたという。

家に帰ってきた加倉井一樹は先に死んでいる家政婦を発見し、その後まだ息のある妻・陽子を発見。

陽子は息絶える直線、携帯で自ら警察に110番していたが、その電話の最中に加倉井一樹が陽子に駆け寄っていた。

その後、加倉井は2階に隠れていた男ともみ合いになり、階段から転げ落ちた。

その男の片腕は肘から下が義手だったことを警察の事情聴取中に思い出した。

その事実を伝えるも、警察は加倉井一樹に疑いの目を向ける。

庭から見つかった凶器のナイフに加倉井一樹の指紋がついていたこと。

ドアの鍵が壊されていなかったこと。

妻の爪から加倉井一樹の皮膚が検出されたこと。

陽子の実家が裕福で、生命保険の受取人が加倉井一樹だったこと。

これらの事情により、加倉井は妻殺しの犯人とされる。

1年後、加倉井一樹は妻殺しの殺人犯として裁判にかけられていた。

証人として呼ばれた家政婦の姪は、叔母から聴いたという「いつ離婚してもおかしくない」と加倉井夫婦の不仲を証言。

さらに証拠として、妻・陽子がナイフで刺されたとき、110番していたときの音声が流された。

「助けて・・・私・・・殺される・・・あなた・・・!やめて・・・!やめて・・・!」

裁判の結果、加倉井は死刑を求刑された。

3年後、東京拘置所から名古屋拘置所へ移送される加倉井。

一緒に移送されていた無差別テロ犯の男・嶋岡がずっと変な咳をしていることが気にかかる。

そのうち移送車が渋滞にはまり、別のルートの山道を走行しているその途中、運転手が狙撃され車が横転。

ずっと変な咳をしていた嶋岡の仲間だった。

嶋岡は仲間に助け出され逃走。

加倉井も、車が横転したときに腹に怪我を負うが、そのまま逃走する。

特別広域捜査官が登場、30キロ圏内の道路を封鎖し、まずは無差別テロリスト犯の確保が優先とし、嶋岡探しに焦点を当てて捜査を始める。

その間1人逃亡する加倉井は、近くの民家にあった軽トラを盗み、逃走。

ラジオで交通封鎖状況を確認しながら、加倉井は山道を走行していたが、警察が検問していた所で道路脇の小屋に突っ込み、加倉井の正体には気が付かず、腹の傷を心配した警察官が救急車を呼ぶ。

その間、特別広域捜査官は嶋岡を発見し、アジトへ潜入。

嶋岡は捜査官の1人を人質にとり、「俺の足をこんなにした公安の保坂を読んで来い!」と脅すも、「俺を呼んだか?」と一撃し、そのまま嶋岡は捕まる。

一方、加倉井は救急車で病院に到着していた。

看護師のいない間に自分でステープラーで自分の腹の怪我を手当てし、病院内を逃げ回っていた。

寝ていた個室の入院患者の服を盗み、トイレで着替えて髭を剃り、血だらけ髭伸び放題の格好から身なりを整えていた。

その時、その個室に侵入し、入院患者の財布を盗む女性・米本花江に出くわす。

警察から逃げているという同じ立場の米本、「乗ってく?」と車に加倉井を乗せ、検問所も何とか切り抜け、加倉井を家に匿う。

加倉井は米本の携帯から、担当の弁護士に電話する。

「自分の手で陽子を殺した犯人を捜します」

その晩、米本の家で寝ていたときに加倉井は裁判のことを思い出す。証人だった家政婦の姪はこんな証言もしていた。

「奥様が妊娠3か月だったときに流産したことがあった。それを病院に電話して報告すると『忙しいから』って。奥様のことを気にかけていないようだった」

加倉井は妻・陽子が「この子が生まれていたら私達変われていたのかな」と泣く陽子を思い出し、加倉井は辛い表情に・・・

その間、加倉井が弁護士にかけた電話から追跡され、加倉井を匿っていた米本の家が突き止められ家に突入される。

しかし既に加倉井はこの家にいなかった。

捜査班の保坂は家の中にあった財布を見て、、米本が病院で入院患者の財布を盗んだこと、加倉井の正体が分かっても、盗みをしたことをばらされるのを恐れて警察に通報しなかったことを言い当てる。

米本はあえなく逮捕される。

花井の家の寝室の窓が開いていたことから、捜査官は加倉井が山いに逃げたとみて山狩りを始める。

山道で車を奪って逃亡を続ける加倉井を、捜査班のドローンが発見、トンネル内に入った加倉井を、トンネルを封鎖して追いつめるも、加倉井はトンネル内のマンホールから地下に潜りこみ逃走。

谷の上に渡された配管の上まで追い詰めるも、加倉井は川に飛び降りる・・・!

しかし、加倉井は運よく助かりバイクを奪ってさらに逃走。

その後も逃げ続け、捜査班が加倉井を見失ったのは海・・・。

後編へ続く。

逃亡者ドラマ(渡辺謙主演)1話2話の見逃し動画配信を無料視聴!再放送はある?2020年12月5日・6日に2夜連続で放送される渡辺謙さん主演のドラマ『逃亡者』。 1963年~1967年までアメリカで放送され大...

逃亡者(渡辺謙ドラマ)1話の感想や評判

とにかく逃げて逃げて逃げまくる・・・という印象の『逃亡者』ドラマ版。

アメリカの映画が原作のこのドラマ、銃撃戦や下水道に逃げるシーン等が日本ではちょっと現実離れし過ぎて違和感があるという声もチラホラ見られましたが、それよりも圧倒的に「面白い」の声が多数でした!

感想をまとめています。

評価がかなり高かった『逃亡者』第1話。

2話への期待も高まります!

逃亡者ドラマ(渡辺謙主演)1話2話の見逃し動画配信を無料視聴!再放送はある?2020年12月5日・6日に2夜連続で放送される渡辺謙さん主演のドラマ『逃亡者』。 1963年~1967年までアメリカで放送され大...

 

逃亡者(渡辺謙ドラマ)1話ネタバレまとめ

今回は逃亡者(渡辺謙ドラマ)1話ネタバレあらすじ!感想や評判も!についてまとめました!

1話は『逃亡者』のタイトル通りとにかく逃げて逃げて逃げまくるというストーリーでした。

2話はもっと核心に迫っていくのでしょうね!

評判もかなり高いようです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク