2021冬ドラマ

レッドアイズ|鳥羽伏見の戦いで鳥羽(高嶋政伸)が本当に青いコートの男なの?

スポンサーリンク

土曜ドラマ『レッドアイズ』を考察!

2021年2月13日に放送された4話では、冒頭から青いコートの男らしき人物が顔を現しました。

ネットでは「青いコードの男は誰か」についてさんざん考察がされてきましたが、これまでの登場人物ではなくまさかの新しく高嶋政伸さんが登場し「???」の嵐。

こんなに早く青いコートの男が分かってしまっていいのか・・・

この記事ではレッドアイズ|鳥羽伏見の戦いで鳥羽(高嶋政伸)が本当に青いコートの男なの?と題して、レッドアイズの新たな登場人物、鳥羽についてまとめていきます!

スポンサーリンク

レッドアイズ|鳥羽伏見の戦いで鳥羽(高嶋政伸)が本当に青いコートの男なの?

『レッドアイズ』ではたくさんの犯人が出て来ますが、伏見が追っているのは彼女の美保を殺した「青いコートの男」。

4話では、その「青いコートの男」の正体が明らかに?

青いコートの男がフードを取ると、現れたのは高嶋政伸さんの顔!

その名前が「鳥羽和樹」であったことから、ネットでは「鳥羽・伏見の戦い」を連想し、「伏見の敵」となる訳だから「青いコートの男で間違いないのだろう」と納得の声!

レッドアイズ|鳥羽(高嶋政伸)は青いコートの男じゃない?相関図から考察

しかし、番組公式サイトの相関図には青いコートの男の存在はそのまま、高嶋政伸さんが別枠で追加されており、「高嶋政伸さんは青いコートの男ではないのか?」の声。

相関図に青いコートの男がまだ載っていることから、「青いコートの男は別にいる」「一人じゃない」「さらに黒幕がいる」など、まだまだ考察が飛び交っています。

犯人いっぱいで混乱してしまいがちですが、レッドアイズの根本的な軸が「伏見の彼女を殺した青いコートの男」を捕まえることだと基本に戻ってみます。

「伏見の彼女を殺した青いコートの男」の特徴で明らかなことは、

  • 青いコート
  • 腕の傷

でしたね。

さらに、2話の冒頭では、腕に傷のある犯人らしき人物がPCに向かう後ろ姿と、マウスを持つ手が映し出されていて、その手のキレイさも犯人の特徴では?と話題になりました。

高嶋政伸さんの手がキレイかはちょっと謎ですが(笑)、一番決定的な特徴である腕の傷が、伏見が見た傷にかなり近かったことから、やっぱり青いコートの男は鳥羽であり、これから鳥羽伏見の戦いに突入していく、というのが一番有力なのかもしれません。

レッドアイズ|鳥羽伏見の戦いまとめ

今回はレッドアイズ|鳥羽伏見の戦いで鳥羽(高嶋政伸)が本当に青いコートの男なの?のタイトルでお送りしました!

青いコートの男の正体があまりにさらっと明かされたため、本当に鳥羽が黒幕だったのか?と疑問が残りますね。

これからは黒幕ではなく内通者を考察するドラマとなるのでしょうか?

レッドアイズ内通者(犯人)は誰?松村北斗(小牧要)が有力候補?毎週土曜22時から放送中のドラマ『レッドアイズ』の犯人を考察! 3話では警察内部に内通者がいるのかも?と思わせるシーンがありました...

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク