2021春夏ドラマ

【恋はディープに】面白くないつまらない?人魚疑惑は微妙?

スポンサーリンク

石原さとみさん綾野剛さん主演の2021年春ドラマ『恋はDeepに』!

1話放送後のネットの声は、「面白い!」と「つまらない」の両極端のようです。

「面白くない」「つまらない」と感じた人は、どんな理由でつまらなかったのでしょうか?

この記事では【恋はディープに】面白くないつまらない?人魚疑惑は微妙?と題して、『恋はDeepに』つまらない派の意見をまとめています!

スポンサーリンク

【恋はディープに】面白くないつまらない?

『恋はディープに』の放送がスタートしましたが、これまでの番宣からは想像できなかった意外な展開が話題になりましたね!

恋はDeepにあらすじ

海を愛してやまない海洋学者の渚海音(石原さとみ)は、星ヶ浜海岸の巨大マリンリゾート開発に反対。

海音はマリンリゾート開発を指揮する倫太郎(綾野剛)と出会い、開発チームとして一緒に働くことに・・・!

1話を視聴する前は、「海をテーマにしたちょっとマニアックなお仕事上のラブストーリー」なんだろうなというイメージでした。

しかし1話を視聴してみると海音は魚と話ができたり、海で溺れた倫太郎を女性の力だけで助けてキスして目を覚まさせたり・・・!

ちょっと現実離れしたファンタジー要素が満載の意外なストーリーでした。

ありきたりじゃなくて面白そう・・・と思いきや、『恋はディープに』が「面白くない」「つまらない」と思った人もいたようです。

つまらない派の意見を抜粋してみました!

『恋はディープに』つまらない派の意見をまとめると、

  • ファンタジー感がいらなかった
  • 韓国ドラマっぽい

という意見が多く、もっと現実っぽいラブストーリーを求めていた人が多かったようです。

タイトルの通り、もうちょっとディープなラブストーリーを想像していたのかもしれませんね。

「魚と喋れる」ことで話題性があり、石原さとみさんの正体が気になる人も多かった一方で、現実離れして引いてしまった人もいたかもしれません。

【恋はディープに】面白くないつまらない理由は人魚疑惑?

『恋はディープに』1話放送終了後は、「石原さとみさんは人魚なのか?」と正体の考察が話題になりましたが、この人魚疑惑設定も賛否あったようです。

現状、『恋はディープに』ドラマ内で人魚という言葉は一言も出てきていませんし、魚と喋れて綾野剛さんを一人で助けたというだけで憶測されていることではありますが、では人魚じゃなくて普通の人間だったら・・・と考えてもやっぱり微妙?

しかし、回が進むにつれて海音が「人間じゃない」ことは揺るがない事実に。

家の中を異常に加湿していたり塩や昆布を食べたり、疲れたら足を氷水で冷やしたり・・・

そして「私、人間じゃないの」発言。

「人間じゃない」ことは分かったものの、人魚なのか魚なのか、クラゲなのかカメなのか、そこから先がなかなか明かされず!

もはや「海音が海の生き物の中の何なのか」がとにかく気になって続きを見てしまう人も多いのでは?

その証拠に、意外にも『恋はDeepに』はまさかの「201年春ハマってるドラマランキング1位」でした・・・!

人魚姫設定で賛否が沸き起こっている『恋はDeepに』ですが、なんだかんだ海音が海の中の何なのかが分かるまでは見てしまいそうです!

【恋はディープに】面白くないつまらない?まとめ

今回は【恋はディープに】面白くないつまらない?人魚疑惑は微妙?についてまとめました!

『恋はDeepに』はつまらない派でも、「海音の正体が海の生き物の中のどれなのか」だけは気になる人は多いようです!

なんだかんだ今期一番「気になる」ドラマかも?

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク