芸能

TOKIO(トキオ)26周年【会報の内容や中身】は?山口達也逮捕前のファンの声も

スポンサーリンク

9月22日、元TOKIOの山口達也さんが飲酒事故で逮捕されるという残念な速報が流れました。

事故の前日9月21日は、TOKIOのCDデビュー26周年記念日であり、ファンクラブ会員宛てには記念の会報が送られていたそうです。

その会報の内容や中身、気になりますね。

この記事ではTOKIO(トキオ)26周年【会報の内容や中身】は?山口達也逮捕前のファンの声もと題して、逮捕前にTOKIOのメンバーやファンがどんな思いだったか、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

TOKIO(トキオ)26周年【会報の内容や中身】は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makiko JG Lee(@waiwainekonin)がシェアした投稿

9月21日、デビューの日にファンクラブ会員向けにアニバーサリー仕様の会報が日付指定で送られたのは、メンバーのアイディアだったそうです。

その会報の内容、中身がとても気になりますが、詳細は会費を払ってファンクラブに入会し、受け取った人だけの特別な特権。

中身を詳しく知ることはできませんが、会報を受け取った人が感想を載せてくれているツイートの中から、内容が垣間見れる部分を抜粋してまとめてみました。

松岡昌宏さん・・・「山口」というワードを2回も出す

長瀬智也さん・・・「またいつか必ず」と発言

国分太一さん・・・直筆メッセージで「5人のTOKIO」を強調

メンバーがそれぞれ、山口達也さんの名前や「5人」とう言葉を使い、復帰を匂わせていたことが分かります。

わざわざデビュー記念日にメンバーのアイディアでサプライズ。

もしかしたら本当に近いうちに5人での活動の予定があるはずだったのかもしれませんね。

TOKIO(トキオ)26周年【会報の内容や中身】に山口達也逮捕前のファンの声

ここからは、9月22日に山口達也さんの飲酒事故ニュースが入ってくる前の、ファンの声をまとめています。

9月21日から報道前の9月22日の翌日まで、会報が届いて喜ぶ声や、TOKIOが5人で復活するかもと期待する声で溢れていました。

翌日に残念な事故が起きると知らずに「泣きながら読んだ」人は数え切れず。

「TOKIOが青春だった」「TOKIOのおかげで長生きしようと思った」という声も見られました。

これだけ、TOKIOはファンの人生に影響を与えていて、5人での復活を望んでいた人があまりにたくさんいたことが分かりますね。

「どんなに時間がかかってもバンドのTOKIOに会いたい」という願いは叶えられる日は来るのでしょうか。

 

TOKIO(トキオ)26周年【会報の内容や中身】まとめ

今回はTOKIO(トキオ)26周年【会報の内容や中身】と山口達也逮捕前のファンの声についてまとめてみました。

残念すぎるタイミングの山口達也さんの飲酒事故ニュース。

私達ファンはもちろんショックを受けましたが、この会報の内容を知ると、今TOKIOのメンバーがどんな気持ちでいるのか、考えると胸が痛みます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク