人物

高尾長良は医師で神戸女学院出身?経歴や人気作・人気の理由も!

スポンサーリンク

こんにちは、陳です!

先月、第162回芥川賞の候補作が発表され、発表が1月15日に迫ってきました!

芥川賞は新人作家さんの登竜門と言われています。お笑い芸人の又吉直樹さんが受賞した「火花」がとても有名ですね!

新人作家さんがノミネートされるという事で、作家さんとしてはまだまだ無名な人ばかりですが、いったいどんな人がノミネートされているのでしょうか?

まずはじめに、今回の芥川賞ノミネート作家さんの中でも最年少音に聞く」で候補に選ばれている高尾長良さんについて調べてみました!題して高尾長良は医師で神戸女学院出身?経歴や人気作、人気の理由も!

なんと高尾長良さんは芥川賞3度めのノミネート

スポンサーリンク

高尾長良は医師?

高尾長良さんは現在「医師であり小説家」というプロフィールが紹介されています。

「医師であり小説家」ってすごいですよね!実際どこで働いているのか、とても気になりますが情報が公開されていません。ただ2017年に医学部を卒業されているので、どこかでお医者様をされていたとしてもまだ間もないですよね。しかも今回の芥川賞候補作品の「音に聞く」も2019年に発表されたばかりなので、かなり多忙であることが予想されます。

大変かと思いますが、医師と小説家の両立、是非頑張ってほしいものです!

高尾長良は神戸女学院出身!

高尾長良さんの出身中学、高校は神戸女学院とのこと。神戸女学院は、高校からの入学はなく、中学、高校一貫の学校なんだそうです。制服もなく、校則もゆるく自由な校風が売りで有名な学校なんだそうです!

高校だけでなく中学も制服がないって、とても珍しいです。そんな自由な神戸女子学院こそ、「医師であり小説家」という多才な高尾長良さんのルーツなのでしょうね!

経歴

高尾長良さんの経歴をご紹介します。

◆1992年 東京都生まれ(現在28歳)
◆2012年「肉骨茶」で第44回新潮新人賞受賞、2013年第148回芥川賞候補に
◆2014年「影媛」が第152回芥川賞候補に
◆2017年 京都大学医学部卒業

2012年の新潮新人賞は最年少受賞だったこともあり、医学部在学中の女子大生という経歴もあわせて注目を浴びました。

過去の単行本3冊がすべて芥川賞候補に選ばれたって、本当に期待されている作家さんであることが分かります。

人気作・人気の理由も!

高尾長良さんの過去の人気作は、デビュー作の「肉骨茶」です。「大学生が書いた」というのも読者にとってはポイントが高かったようで、今後に期待する声も多く上がりました。

19歳の女子大生が書いた作品ってどんなだろう、医学部に通いながら小説も書くなんてすぎる!と、作品の良さとその経歴があいまったことが人気の理由の一つだったようですね。大学生でこの経歴なら、今後の作品がとっても楽しみです。

芥川賞候補作「音に聞く」の口コミも!

それでは今回第162回芥川賞にノミネートされた「音に聞く」という作品はどんな作品なのでしょうか?口コミをご紹介します!

「音に聞く」は文章の造りや表現を評価する口コミがとても多いです。芥川賞は「優れた純文学」に贈られる賞で、純文学とは文章や表現の美しさ等が評価されるそうなので、「表現に重きを置いた作品」ということで期待が持てますね!

まとめ

今回は第162回芥川賞候補作家さんの中から、高尾長良さんについて高尾長良は医師で神戸女学院出身?経歴や人気作、人気の理由も!と題して調べてみました。

・高尾長良さんは京大医学部卒業で現在も医師!
・出身校の神戸女学院は自由な校風で有名な学校だった!
・大学在学中に賞を取った経歴がすごかった!
・過去の人気作も芥川賞候補だった!

とても多才な高尾長良さん。是非第162回芥川賞を受賞して、もっといろんな情報が出てきてほしいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク