オリンピック

選手村ダンボールベッドの価格(値段)は? サイズ(大きさ)は狭い小さい?

スポンサーリンク

東京オリンピックの競技が2021年7月21日(水)に女子ソフトボールを皮切りに始まりました。そして2021年7月23日(金)に東京オリンピックの開会式も行われます。

そんな中、選手村のベッドが国内外のメディアにより国内外で反響を呼んでいます。

というのはなんと選手村のベッドは段ボール製だからです。

そんな段ボール製のベッドの気になる価格(値段)、ベッドのサイズ(大きさ)、耐久性、一般販売はされているのか? について調べてみました。

この記事では選手村ダンボールベッドの価格(値段)は? サイズ(大きさ)は狭い小さい?と題して、

●選手村のベッドの価格(値段)は?

●選手村のベッドのサイズ(大きさ)は?

●選手村のベッドの耐久性(硬さ)は?

●選手村のベッドの一般販売は?

についてまとめてみました!

スポンサーリンク

【選手村のベッド】価格(値段)は?


引用元 : マイナビニュース

 

東京オリンピックの選手村で使われているベッドは、マットレスから、枕、ベッドフレーム、掛け布団まで、全て【エアウィーヴ社】が提供しています。

特にベッドフレームは、ダンボールなので驚きですね。

エアウィーヴ社は、たくさんのスポーツ選手(錦織圭、内村航平、浅田真央、石川佳純、高梨沙羅、阿部一二三・阿部詩兄妹、上地結衣…等)のスポンサーとして有名です。

そんなベッド1台のおおよその価格はこちら。

●マットレス : 約¥100,000

●ベッドフレーム : 約¥8,000~¥35,000

●枕 : 約¥20,000~¥30,000

●掛け布団 : 約¥33,000~¥77,000

ベッド1台の値段は約¥150,000~¥250,000

ちなみに東京オリンピックの選手村に提供されたベッドの数は約18.000台なので、単純計算の合計額は約27億円~45億円です。

 

 

 

【選手村のベッド】サイズ(大きさ)は狭い?小さい?

引用元 : マイナビニュース

 

選手村のベッドフレームのサイズ(大きさ)はというと、幅90 cm、長さ210 cm、高さ40 cmです。

幅90 cmはアスリートにとっては狭いのではないでしょうか。まして海外の選手の体の大きさを考えるととても狭いし小さいのではないでしょうか。

 

【選手村のベッド】耐久性(硬さ)は?

ダンボールで作られたベッドフレームは、皆さんはたぶん私と同じ直感だと硬くないのではと疑問があると思いますが、なんと200キロまで耐えられるそうです。

ただ最近では耐久性についてSNSやニュースで、選手村のダンボール製ベッドはセックスさせないため?といううわさが広がっていますが、全部フェイクニュースです。

エアウェーヴ社は以下の説明文を出しています。

 

体操あん馬で金メダルを目指すアイルランド体操男子リース・マクレナガン選手(21)が「あんなのデタラメだよー」とベッド上でジャンプする実証動画をツイートしました。セックスさせないためのベッド理論は約20時間でデバンク(嘘認定)されました。

 

しかし、たまたまの不良品かもしれませんが、ベッドフレームが凹んだ動画をニュージランドの選手がSNSにあげていました。

 

ちなみにベッドフレームだけではなく、マットレスの硬さは自由に変えられるのもすごいです。

 

 

【選手村のベッド】一般販売は?

話題となっている選手村のベッドフレームですが、エアウィーヴ社にかなりの問い合わせがいったと思うのが【一般販売】はされているのか?だと思います。

残念ながら選手村で使われているダンボールのベッドフレームは現時点での一般販売はされていません。

しかし、エアウィーヴ社以外で楽天市場、Amazonなどのネット通販サイトでは普通にダンボールベッドが販売されています。

 

 

 

 

【選手村のベッド】まとめ

今回は選手村ダンボールベッドの価格(値段)は? サイズ(大きさ)は狭い小さい?についてまとめてみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク