政治

押谷仁教授の高校と家族やプロフィール・経歴は?評判についても

スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策に関しての報道で最近名前を聞く事が多い押谷仁教授。

4月の頭には、東京の新型コロナウイルス感染者数がじわじわ増えてきた当初、クラスター対策班の東北大学教授の押谷仁さんと北海道大学教授の西浦博さんが新型コロナクラスター対策専門家の公式Twitterを立ち上げ、話題を集めました。

Twitterではクラスターに関する情報を発信されています。

そのTwitterで発信された情報の中では、押谷仁さんのメッセージが楽観すぎると話題になった事も。

この記事では押谷仁教授の高校と家族やプロフィール・経歴は?評判についてもと題して、押谷仁教授について調べていきます。

スポンサーリンク

押谷仁教授の高校や家族・プロフィール

押谷仁教授の出身高校を含むプロフィールをまとめました。

名前:押谷仁(オシタニヒトシ)
生年月日:1959年4月29日(現在60歳)
出身:東京都
出身高校:東京都立青山高等学校
出身大学:東北大学医学部

最近あまりにも忙しそうな谷仁教授の家族構成も気になったので調べてみましたが情報はありませんでした。

押谷仁教授の経歴

押谷仁教授の経歴はこちらです。

1987年 東北大学医学部卒業
1991年~1994年 国際協力事業団専門家としてザンビアでウイルス学の指導
1998年 新潟大学医学部公衆衛生学助手
1999年~2006年 WHO西太平洋地域事務局感染症対策アドバイザー
2005年~現在 東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授

押谷仁教授は感染症の専門家として、政府の新型コロナウイルス専門家会議の委員を務められています。

そしてこの2020年4月3日に、『新型コロナクラスター対策専門家』の公式Twitterアカウントが立ち上げられました。

アカウントが立ち上がった翌日には25万フォロワーが集まり、大変注目されました。

押谷仁教授の評判

押谷仁教授の評判ですが、4月4日に出された新型コロナウイルスに関する下記のメッセージが、大きく話題になりましたね。

「普通に生活していれば感染は拡大しない」と受け取れる内容に、混乱した人が続出しました。

混乱する人も多かったですが、パニックになるなとも読み取れるこのメッセージに、心強いとの声も挙がりました。

最近はまた押谷仁教授の発言が少し前と違うという事で評判は下がってきている気がします・・・

感染症の専門家として、情報を発信されている押谷仁教授。

状況が変わると発言も変わってしまうのは混乱してしまいますが、クラスターの専門家という事で、今後も耳は傾けていきたいです。

まとめ

今回は押谷仁教授の高校と家族やプロフィール・経歴は?評判についてもと題して押谷仁教授についてまとめてみました。

新型コロナクラスター対策専門家のTwitterでは、今の私たちに必要な情報がたくさん掲載されていますのまだの方は是非チェックしてみて下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク