人物

小川哲の経歴や出身高校・大学と母親は?結婚や子供・人気作も

スポンサーリンク

こんにちは、陳です!

先週、第162回直木賞の候補作が発表されました。今回の候補は、5人中4人が初めて候補に選ばれたという事で、どんな人が選ばれたのか、その人の経歴や出身等気になりますよね。

そこで今回は、直木賞候補は誰!?シリーズ第一弾をお送りします。第一弾は「嘘と正典」で直木賞候補に選ばれた、小川哲(オガワサトシ)さんです!

題して小川哲の経歴や出身高校・大学と母親は?結婚や子供・人気作も!をお送りします!

スポンサーリンク

小川哲さんの経歴や出身高校・大学

小川哲さんの経歴、出身高校・大学をご紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂本美雨のディア・フレンズ(@dearfriends80)がシェアした投稿


◆名前 小川哲(オガワサトシ)

◆生年月日 1986年12月25日

◆出身 千葉県千葉市

◆出身高校 渋谷教育学園幕張高等学校

◆出身大学 東京大学理科一類を経て東京大学教養学部卒業→東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退

◆過去の単行本と入賞歴
2015年 「ユートロニカのこちら側」が第3回ハヤカワSFコンテストで大賞
2017年 「ゲームの王国」が第38回日本SF大賞、第31回山本五郎賞受賞

出身高校までは出身地である千葉で過ごし、大学はなんと東京大学!東京大学の理系に合格しているなんてすごい経歴の持ち主です!そしてこの経歴より、2015年にデビューされてから出されている作品がまだそんなに多くなく、でもそれがすべて賞を受賞しています。

ちなみにハヤカワSFコンテストとは、早川書房という出版社が主宰するSF小説の公募新人賞のこと。また日本SF大賞とは、日本SF作家クラブが年1回、1年間で発表されたSF作品のうち、最も優れた作品に贈られる賞とのことです。小川哲さんの作品は、この日本SF大賞を受賞した「ゲームの王国」で「今年一のSF小説だ」と絶賛されたとのことです。SF小説界でとても期待されている作家さんであることがわかりますね!

作風は父親・母親の影響?

父親はSFとミステリの小説が好きで、家にたくさんのSF小説があり、それをよく読んでいたという小川哲さん。また母親はミステリ系の本が好きで宮部みゆきさんや東野圭吾さんの本を読んでいたそう。幼い頃から本に囲まれる生活をしていたんですね!!ちなみに宮部みゆきさんは今回の直木賞の選考委員でもあるので、ご縁を感じますね。

また、母親に関してはこんなエピソードも。

僕は文芸サークルに入っていたわけでも、周りに作家志望者がいたわけでもなかったので、継続して書いてきたわけではありません。高校生のときには何か書いていたみたいで、全く記憶にないその作品が実家のパソコンに残っていたのですが、五年後ぐらいにそれを母親が知り合いの編集者に見せる、という事件があったんですね。で、僕の作品を読んだ編集者が「この子にはもしかして才能があるかもしれない」なんて言い出したと。

引用:https://cakes.mu/posts/11547

上記は小川哲さんが「ユートロニカのこちら側」で第3回ハヤカワSFコンテストで大賞を取ったときのインタビューからの引用です。この事件を機に、勉強して新しく作品を書くようになったそうです。

ご自宅で本とたくさん触れ合える環境が整っていたことと、母親の行動が今回の直木賞の候補にまで繋がったんですね!

結婚してる?子供はいる?

小川哲さんは結婚しているのか、子供はいるのか調べてみましたが、残念ながら結婚の情報も、子供の情報も出てきませんでした。おそらく結婚もしていないしもちろん子供もいないかと思われます。

小川哲さんは1986年生まれの現在33歳。まだ結婚されていなくても全然おかしくないですね!

すごい経歴を持つ小川哲さんにもし子供が生まれたら・・・将来楽しみですね。なんて勝手に想像しちゃいます。

人気作の口コミも!

小川哲さんの人気作の口コミをご紹介します!小川哲さんの単行本はすべてが人気作。

まずは今回の直木賞候補作品、『嘘と正典』の口コミから。

次は2017年の『ゲームの王国』から。こちらもかなりの評判の人気作です!

ここからは小川哲さんの最初の単行本、「ユートロニカのこちら側」より。

全てが人気作という小川哲さんの作品。すべて読んでみたいですね!

まとめ

今回は直木賞の候補に選ばれた小川哲の経歴や出身高校・大学と母親は?結婚や子供・人気作もについてまとめてみました。

・小川哲さんはすごい経歴の持ち主だった!
・千葉県の高校出身→大学は東大だった!
・現在の栄光は母親の影響だった!
・現在結婚しておらず、子供もいない
単行本は3冊目ながら、すべてが人気作!

直木賞の発表は2020年1月15日です。小川哲さんの「嘘と正典」は選ばれるのでしょうか!楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク