2020-2021年末年始ドラマ

【教場2】続きはあるのか?教場3か教場0?風間と鳥羽の関係の真相は?

スポンサーリンク

2021年1月3日と4日に放送された『教場2』、衝撃的な内容が話題となりましたね。

後編の最後には気になる描写もたくさんあり、続きはあるのか?と思わせるラストでした。

この記事では【教場2】続きはあるのか?教場3か教場0?風間と鳥羽の関係の真相は?と題して、教場の「続き」について調べていきます!

スポンサーリンク

【教場2】続きはあるのか?教場3か教場0?

『教場2』が2夜とも放送されましたが、新たな謎を残したラストだったため「続きはあるのか?」と思わせてくれましたね。

現状、『教場2』に続きがあるのかどうかについての情報は何も発表されておりませんが、『教場2』のエンドロールでは「つづく」の文字が。

ドラマではエンドロールの後に風間の過去のシーンが放送されたので「まだ終わりじゃないよ」と言う意味の「つづく」とも捉えられなくはないですが、その後のシーンも謎だらけだったのできっと続きを期待していいのでしょうね!

そしておそらく、『教場2』の謎を残したラストが風間の過去の一部シーンだったため、続編では風間の現役時代がメインになるのではないかと思います。

そうすると、『教場3』ではなくて『教場0』の可能性も?

実際、原作の小説『教場』では『教場0』の巻が存在し、『教場0』は風間が警察学校の教官になる前のストーリーになっていますので、続きは0の可能性が高いと思います。

『教場1』は2020年1月、『教場2』は2021年1月だったので『教場0』は2022年の1月?

そこまで待てないので連ドラ化を希望します!!

【教場2】続きで風間と鳥羽の過去は明かされる?

『教場2』を見ていて続きが一番気になったのは風間が鳥羽にかけた言葉「私の右目のことで、覚えがあるな?」ではないでしょうか?

『教場2』では、風間にこの言葉を言われた鳥羽は何も言わず敬礼するだけでした。

その後、エンドロール終了後に公開された風間の過去のシーンでは、風間と後輩・遠野(北村匠海)がアイスピックを持った犯人を追うシーンで鳥羽が目撃者として登場。

風間の後輩を殺し、風間の右目を刺した犯人は誰なのか、この犯人は捕まったのかなど、謎をたくさん残し結末となった『教場2』。

1年後なんて待てませんが、続編では鳥羽がキーパーソンとなりそうです。

風間と鳥羽の過去、真相解明が楽しみですね!

【教場2】続きはあるのか?まとめ

今回は【教場2】続きはあるのか?教場3か教場0?風間と鳥羽の過去は?についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク