台湾

カラフルな街並の十份!昼と夜どちらに行く?

スポンサーリンク

こんにちは!台湾人を夫にもつ陳です。

今回は台湾で人気の観光地、十份についてご紹介します。

十份とは、観光の拠点台北からタクシーで1時間弱くらいのところにある観光地です。

台湾観光といえば九份が圧倒的に人気ですが、私のお気に入りは十份です。近年テレビでもよく紹介されるようになって、知名度も上がっていますよね!十份いえば天燈上げが有名で、旅行会社のツアーでも夜の天燈上げのプランが多く出ていますね。確かに夜に天燈上げをするなんてとっても素敵です。

そんな十份ですが、昼に行くプランと夜に行くプランで悩まれる方って多いと思うんです。その理由と私のお勧めを紹介いたします!

スポンサーリンク

十份は街並も可愛い

十份といえば天燈上げが有名です。

カラフルで大きなランタンに願い事を書いて、線路の上で火をつけて飛ばします。天燈上げは線路の上でやるので、電車が来たら観光客や周りのお店の人は、避けて電車を通らせてあげます。

こんなことができるという点にも台湾を感じます!電車はゆっくり走ってくれるので、来たよ来たよ~という感じでゆっくり避けます。避けているその時間も、日本人にとっては新鮮で楽しいです!

そんな十份、タクシーで行く場合も電車で行く場合も平溪駅という駅付近で降り、そこからこの天燈上げエリアに到着するまで、十份老街という道が続いています。線路が通っているところは線路ぎりぎりまでお店があります。歩いて15分くらいの道になっていて、そこをずっと台湾らしい屋台や飲食店、お土産屋さんが連なっているんです。そのお店達の看板がカラフルで、とても可愛らしい街並です。この昔ながらの街並は、どんどん近代化している台北では見られない風景なので私のお気に入りです。食べ歩きをしながらゆっくりと天燈上げスポットまで向かうのも、十份の楽しみです。

昼と夜どちらに行く?

十份の天燈上げだけに焦点を当てると、なんだか夜の方が魅力的に感じます。旅行代理店で見かけるツアーでも、“夜の暗い中灯りを灯したランタンを上げる”というプランが多いですし、人気もあるように感じます。でも私は、十份は昼に行くのもとても魅力的だと思うんです!

そもそも台湾って、夜に行きたい場所がとても多いんです。千と千尋の神隠しで有名な九份も夜景が有名ですし、台北市内にも夕方からオープンする夜市がたくさんあります。そして十份の天燈上げも夜が人気・・・台湾旅行は2泊3日で行く人、たくさんいますよね!そうすると、夜が足りないんですよ。笑 何かを昼に回さないと!!

そしたらやっぱり十份を昼に回すのがお勧めです。十份のカラフルな街並とカラフルなランタンは夜には見づらくなりますからね!その他の観光地、夜市は夜しか行けないですし、九份はやっぱり夜景は見てほしいです。

それと十份の楽しみは、電車が来たときのスレスレ間と、電車が近づいてきたら線路近くのお店が線路ぎりぎりに出していた看板や売り物のワゴン等を慣れた手つきで撤去するのを見るのもおもしろいところなんです。電車が通ったらまた線路ぎりぎりまで物を出して商売を続けます。そんな風景も昼の方が見れますよ!

こんなマンホールも見つけて楽しいのは明るいうちですね♪

まとめ

今回は、台湾で人気の観光地、十份についてご紹介しました。

台北から少し離れているのですが、とても台湾らしくて素敵な街です。バスや電車で行く方法もありますが、乗り継ぎも面倒で少し行きづらい場所にあるので、タクシーや旅行会社のツアーに参加して行くのがお勧めです。

それと、九份や十份は年中雨の多い土地柄になってます。折りたたみ傘の準備もお忘れなく♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク