人物

誉田哲也の経歴や結婚と作風は?人気作や人気の理由・口コミも!

スポンサーリンク

こんにちは、陳です!

今回は来週に控えた、第162回直木賞候補作の作家さんシリーズをお届けします!

芥川賞は新人作家さんの賞なのに対して、直木賞は新人作家さんはもちろん、ベテランの作家さんからも選ばれます。その5人の候補者のうち、今回調べてみたのは「背中の蜘蛛」が直木賞候補に選ばれている誉田哲也さん!

誉田哲也さんの作品はメディア化されている作品も多く、とても有名な作家さんです。でも調べてみると意外な経歴や、イメージとは違う作品もたくさんありさらに興味が深まりました。

そんな誉田哲也さんについて、誉田哲也の経歴や結婚と作風は?人気作や人気の理由・口コミも!と題して調べていこうと思います!

スポンサーリンク

誉田哲也の経歴

誉田哲也さんが作家さんになるまでの経歴を紹介します!

誉田哲也さんプロフィール
◆生年月日 1969年8月18日生
◆出身 東京都
◆大学 1992年学習院大学経済学部卒業
◆作家デビュー 2002年「妖の華」でムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞

大学卒業後、1992年の大学卒業から2002年の作家デビューまで期間が空いていますが、30歳までのこの間は音楽活動をされていたという経歴があります!バンド自体は15歳から組んでいたとか。しかもそのその音楽活動は、現在も続けているというから驚きです!

誉田哲也さんはボーカル&ギターを担当し、しかも楽曲は全て誉田哲也さんの作詞・作曲によるといいます。2020年1月18日にライブを控えているということですが、その日はなんと直木賞発表の3日後!!

↓こちらは2019年1月、ちょうど1年前に行われたサカソニの動画です!ちなみにサカソニとは、SAKKA SONICの略で、「人気作家たちが奏でる音楽の祭典」なんだそうです・・!作家SONIC!!素敵すぎます・・・!!(笑)

いったいいつ音楽活動をしていつ執筆活動をしているのでしょうか・・・

作家さんとしても大変な成功をされている誉田哲也さんは、驚きの経歴と裏の顔をお持ちということが分かりました。作品だけでなくご本人ご自身もとっても気になる存在ですね。

結婚はしてる?

誉田哲也さんは1969年生まれの現在50歳!

とても多才で、ダンディで素敵な男性なので結婚しているのか、とても気になります!

が、本田哲也さんが結婚歴があるかどうかの情報がありませんでした。

とてもモテそうだし、結婚してー!っていう女性も多そうですが・・・

執筆活動に音楽活動に、かなり多忙な生活が想像できますが、やっぱり女性の入る隙はないのでしょうか?

誉田哲也の作風

誉田哲也さんの作風についてご紹介します。

2010年に初めてドラマ化したストロベリーナイトはその後も映画化されたり、一番最近だと2019年4月にも再びドラマが始まる等、長期に渡り人気を集めているので、幅広い年代から知られていますよね。この作品が刑事ものだったのでサスペンス、ホラーのイメージが強い誉田哲也さん。でも誉田哲也さんの作品は、ミステリーばかりじゃありません!!全然違う作風の小説もたくさんあるんです。

推理系に対して、青春系!

ご自身が音楽活動をされているだけあって、本田哲也さんの作品にはバンドもよく登場し、その描写が魅力的!と話題です。刑事ものばかりではなく、学生にも好まれるような、幅広い作風が、本田哲也さんの魅力なんですね。

人気作や人気の理由・口コミも!

幅広い作風が魅力的な誉田哲也さんですが、その中でも「人気作」となると、やっぱり推理系かもしれないですね。過去の受賞歴を見ても、賞を取っている作品は推理系が圧倒的に多いです。数多くある人気作の中から、過去に賞を取ったことのある作品の人気の理由をまとめてみました。

青春系はすっきりさわやかなのに対して、刑事系の作品は、描写がエグイ、グロい、猟奇的・・・とても対照的ですね。そんなとことん!な描写こそ、誉田哲也さんの人気の理由だと思います。

第162回直木賞候補作品「背中の蜘蛛」の口コミも!

これまで数々の受賞歴があり、メディア化された作品も多く有名な誉田哲也さんですが、直木賞は今回初めてのノミネートとのこと。「背中の蜘蛛」で直木賞も取ってしまうのでしょうか!

人気の刑事系作品でのノミネート。期待大ですね!!

それにしても発表の3日後にまで音楽活動を控え、多忙な中での直木賞の発表。そんな中で受賞したら本当にすごいです!!作品だけでなく多才な誉田哲也さんにも注目しちゃいます!!

まとめ

今回は誉田哲也の経歴や結婚と作風は?人気作や人気の理由・口コミも!について調査しました。

・音楽活動をしていた経歴がすごかった
・結婚はしていない?
・ミステリーやホラーだけじゃない!青春系の作風にも注目!
・リアルな描写が人気の理由だった!

既に人気作も多く、有名な誉田哲也さんですが、直木賞受賞によりさらに知名度を上げていくのでしょうか。今後の活躍も楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク