人物

古川真人の経歴や作風と人気作・人気の理由は?背高泡立草の口コミも!

スポンサーリンク

こんにちは、陳です!

今回も、第162回芥川賞候補の作家さんシリーズについてお届けしたいと思います!

今回は「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」で芥川賞候補に選ばれている古川真人さんについて調べてみました!

題して古川真人の経歴や作風と人気作・人気の理由は?背高泡立草の口コミも!です!

古川真人さんの作品は4度目の芥川賞候補となります!

スポンサーリンク

古川真人の経歴

古川真人さんの経歴についてご紹介します!

◆生年月日 1988年7月29日(現在31歳)
◆出身 福岡県福岡市
◆大学 國學院大学文学部中退
◆2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞し、デビュー
◆2017年「縫わんばならん」が第156回芥川賞候補
◆2017年「四時過ぎの船」が第157回芥川賞候補
◆2019年「ラッコの家」が第161回芥川賞候補

デビューは2016年と、作家さんになってからまだ4年目にも関わらず芥川賞候補に何度もノミネートされています。とても実力のある作家さんであることが分かります!しかもまだ31歳ということで若い!かなりのハイスピードでスタートダッシュを切っている作家さんです!

古川真人の作風

古川真人さんの作品は、祖母や老女が登場する優しい作風が特徴です。

また方言が多用されているのが特徴で、その方言を読みにくいという声もありますが、やっぱり温かい、優しいという意見が多いです。

「おばあさん」「方言」といった柔らかな作風は、女性に人気が高い気がします。最新作の「背高泡立草」も「祖母の住む島に行く」という優しいテーマを題材にしています。これまで何度も芥川賞にノミネートされたのと同じ作風のこの作品で、今度こそ受賞してほしいですね!

古川真人の人気作・人気の理由も!

古川真人さんの作品といえば、過去に単行本になった3つの作品「縫わんばならん」、「四時過ぎの船」、「ラッコの家」はどれも人気作です。人気の理由について口コミをまとめてみました。

 

女性に人気の優しい物語を、若い男性が描いているというのも人気の理由の一つかもしれませんね。

芥川賞候補作「背高泡立草」の口コミも!

最後に、今回の芥川賞候補作品である「背高泡立草」の口コミもご紹介します!

4度目の正直!ということで今度こそ是非芥川賞を受賞してほしいです!!ただ今回の芥川賞の選考委員の9名って、女性が3人で男性が6人と、男性の方が多いようです。古川真人さんの作品はどちらかというと女性に人気がある気がするので、影響がないか気になるところです。

これまで3度も芥川賞にノミネートしていますが、毎回、評価では「方言が難しい」とか「単調である」のような厳しい意見もあります。仕方ないかもしれませんが選考委員の方の書評って本当に厳しいですよね(笑)。ですがこの「作風が好き」という一般の意見が多いのも確かですし、何度もノミネートされている事自体が本当にすごいことなので、是非このままの古川真人さんらしい作品で、芥川賞を受賞してほしいです。

発表が楽しみです!!

まとめ

今回は古川真人の経歴や作風と人気作・人気の理由は?背高泡立草の口コミも!についてまとめてみました。

・デビューして間もないのに4度も芥川賞候補に選ばれた経歴がすごい!
・祖母を題材にした優しい作風が人気!

芥川賞候補に選ばれて、これまでは惜しくも受賞を逃していますが、若くしてこれまで出した作品がほとんど候補作になっているのは本当にすごいと思います。一貫した作風に根強いファンもいます!今後の作品にも期待しています!

第162回芥川賞の発表は1月15日です。どの作品が選ばれるのか、楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク